タグ:道具 ( 8 ) タグの人気記事

2009年 03月 06日
コンパスとサークルカッター
b0078313_1495685.jpg
丸箱や多角形の箱の制作に
コンパスは欠かせません。

このコンパスはクツワ社製。
意外にも学童用なのですが、
シャーペンの芯が使えるので、
今まで使っていた
芯を削る製図用のコンパスよりも
簡単にコンマ5ミリの細い線を
引くことができると思いました。

替芯と一緒に、プラスチックケースに
入っている点も、持ち運びに便利です。


b0078313_14445653.jpg
こちらはサークルカッター。
これをご愛用の方は多いのではないかと。
私も何人かの先生方にこれを薦められました。

見かけもお値段もなかなかゴツいのですが
安定感抜群で、2.5ミリのカートンも切り出しも
これでOKです。

NTカッター社製。

More>>>おまけです
[PR]

by atelier_BP | 2009-03-06 14:10 | 道具
2008年 06月 16日
■方眼定規■
b0078313_1727543.jpg
ネットで見つけて
楽しみにしていた品物が届きました。

ひとつは「sur-murs」(スュール・ミュール)さんの方眼定規です。

アクリル製で40cm、JISマークはついていませんが、
エッジの片方が金属仕上げになっています。

私は厚紙のカットには、
すべり止めのついたアルミ定規を使っていますが、
クロスなどをアクリルの方眼定規で採寸して、
そのままちょっとカットしたい時、
カッターの刃の当て方が悪いと、アクリルを削ってしまって、
定規をいためてしまうことがあります。

その不安を解消してくれる、便利なスグレモノです。


b0078313_17475674.jpg
「Book Buddy」(キハラ)さんの製本クロスの見本帳です。

今までの製本クロスに加えて、
麻とハイモードのサンプルも加わっています。

何より以前のものより、サイズが大きくなった上、
開き方の自由度が増したので、
他の素材と合わせる時に重宝しそうです。

もうちょっとお安ければ
なおよったのですが…^^;
[PR]

by atelier_BP | 2008-06-16 18:08 | 道具
2008年 03月 19日
■チャコ■
b0078313_10223844.jpg
私が使っているチャコをご紹介します。
最近は布用に色々なタイプのチャコが売られていますが、
いくつか試して今はこれを使っています。

カートリッジの中にチャコの粉末が入っていて、
鉛筆を使うように先端を布に押し当てながら滑らせると、
小さなギザギザのついた歯車状のものが回転しながら、
チャコが布についていきます。

先端が薄いので定規に当てやすく、
ボールペンで引いたような細い線が均一に引けるので
比較的大きな布でも簡単に印をつけることができます。

だた点や曲線には自由度がないので、
シャーペンタイプのチャコと併用しています。

長さは約10cm、見かけもコロンとしていて可愛いです。
[PR]

by atelier_BP | 2008-03-19 10:22 | 道具
2007年 10月 01日
■カッターナイフの替刃ケース■
b0078313_10324081.jpg
愛用しているNTカッター社の替刃ケースです。

このカッターの替刃ケースのよい点は、替刃が入っているだけでなく
折れ刃入れがついていることです。

自宅ではもっと大きなタイプを使っていますが、
レッスンに持って行く時には、
このコンパクトなケースが助かっています。

替刃だけで買うよりは、ちょっと割高なのですが、
ひとつ持っていると、あとは折刃がいっぱいになるまで
中身を補充して使っています。

デザインも大き目のチューインガムみたいで
気に入っています。
[PR]

by atelier_BP | 2007-10-01 10:51 | 道具
2007年 01月 24日
■工作用ピンセット■
最近気に入って使っている工作用のピンセットです。
プラモデルや、建築模型の製作用です。
b0078313_1039453.jpg

今までは救急箱に入っていたピンセットを拝借していたのですが、
この工作用のピンセットは先が非常にとがっているので、細かい作業には抜群、いい感じです。

エスカやカルトナージュの内張りのサイズ合わせに使ったり、
リバティなどの薄い布地の場合、厚紙の表面に糸くずやボンドのかたまりがあると、
布を貼った時にそのまま表にひびいてしまうので、それらをつまみ出す時に使っています。

マニアックな道具ですが、手放せなくなりそうです。
[PR]

by atelier_BP | 2007-01-24 13:02 | 道具
2006年 09月 18日
■3連休~その2~
前日ののんびりお出かけとはうって変わり、この日は都内をあちこち。
まず、新宿パークタワーで開催された、OZONE「くらふと博覧会」へ。
いつも楽しみにしているイベントで、陶芸、木工、ガラス作家さん等の作品が、展示販売されています。

b0078313_1263768.jpg
作家さんご本人にお会いできるのも楽しみです。
以前はもっと素人製作っぽい雑貨類の出展が多く、マーケットの雰囲気も文化祭のノリだったのですが、今回は殆どがプロの作家さんの出展、お店のバイヤーさんが訪れるレベルの高いマーケットでした。


b0078313_1272133.jpg
ガラス作家さんの手作りボタンを購入。
ものづくりの雰囲気みなぎる会場で、よいシゲキをいただきました。



ジェリービーンみたいでしょ?
b0078313_19565879.jpg


b0078313_205497.jpg
THE CONRAN SHOP
でクッション用のファブリックを買うつもりでしたが、決められずにサンプルをいただいてきました。


b0078313_20103762.jpg
次に表参道の「エスティック東京」のショールームへ。
目的は我が家のソファーカバーの買い替えです。
雰囲気を変えようかと、色々とサンプルを見て随分ウナりましたが、結局今と同じ物に…、
冒険できないんだよなあ。


b0078313_1292444.jpg
その後表参道ヒルズに。
さすが安藤忠雄、確かに今風のお洒落でカッチョいいビルではありますが、
私は前の同潤会アパートの雰囲気が好きかな。


b0078313_130384.jpg


b0078313_1314720.jpg

でも照明なんかがすごく凝ってて、オトナの建物って感じですね。


b0078313_2018386.jpg

ヒルズ内のDELFONICSというステーショナリーのお店で、クリップを購入。
平らな部分が多いので、カルトナージュ用に使うつもりです。
[PR]

by atelier_BP | 2006-09-18 23:42 | その他
2006年 06月 04日
■ソーイングブックとニードルブック
b0078313_8135116.jpg

愛用のソーイングブックです。
葉書よりひとまわり大きい位のサイズです。
エスカの刺繍のレッスンの時や、旅行に出て、夜ホテルで時間がありそうな時などは、
この中に必要な物を入れて出かけています。
b0078313_8174133.jpg

ファスナーをあけると、中はこんな感じです。

左側には、ビニールポケットを付けて、刺繍糸の色がわかるようにして、
その上の小さなポケットには、糸通しやボタン類、小さな糸巻きが入っています。

右側はフェルトの針カバー、ハサミさし、手前のピンクッションには中央に貝ボタンをつけて、
裏にはマジックテープがついていて、取り外せるようにしてあります。

中心には、よく使う白糸を、皮紐とブルーの貝ボタンで固定しました。

必要な物をどんどんつけていったら、あまりオシャレな感じにはなりませんでしたが、
実用的なので、自分ではとても気に入っています。



b0078313_10433893.jpg
こちらは、ニードルブックです。
小さなピンクッションを、刺繍糸でみつあみしたコードでつないであります。

これはたしか10年以上前に作ったものだと思います。
イニシャルだけでは寂しく感じて、縁の模様を刺したのですが、
なんだかラーメン鉢の模様みたいになってしまったので、今はあまり使っていません。


b0078313_10471955.jpg
きっと今の私だったら、このラーメン鉢模様はつけなかったと思います。
歳を重ねるにつれ、自分の好みがどんどんシンプルになっていることを、
久しぶりにこのニードルブックを見て感じました。
[PR]

by atelier_BP | 2006-06-04 23:07 | 刺繍
2006年 05月 26日
ハサミの話
b0078313_1114865.jpg

時々友人に頼まれて、簡単な建築図面の仕事を請け負っています。
友人も切羽詰っているから私に仕事を頼んでくるわけで、
結果私も一旦仕事がくると、ヒジョーに切羽詰まった状況に追い込まれて、
すべての事を横に追いやり、これにかかりっきりになってしまいます。
そーです、私が今ナニをしているかというと、ブログを更新していなかった言い訳をしています。

今回は平均睡眠時間3時間の日々が3日間続き、ぶおーっとした頭でなんとかコンビ二にたどりつき、さっきやっと宅配便してきました。

今は何かしていないと、睡魔に襲われてこのままコト切れてしまいそうなので、
6日ぶりの更新をしています。

前置きが長くなりましたが、今日はハサミのお話させていただきます。
(kinokaさんお待たせしました~アホのハサミ自慢です。)

ハサミはカルトナージュや刺繍に限らず、作品の製作にはとても身近で、作品の仕上がりを左右する大切な道具の一つだと思います。

以下私のハサミ達のご紹介です。
b0078313_11435476.jpg

これはカルトナージュ用。
上が紙や布クロス用。ヘンケルの一般手芸用(?)だったと思います。
刃先がとがっているので、紙や布クロスが最後まで逃げずによく切れます。
刃に適度な厚みがあるので、この厚みを利用すると、箱の底の部分のクロスのカットなどが
適度な幅を残してキレイに切れます。

下は、布用。通販の フェリシモで見つけました。切れ味抜群。
レッスンに行くとき、カルトナージュはとにかく荷物が多いので、毎回布用の大きな断ちバサミを持っていくのがイヤで、何かコンパクトなよいハサミはないかと探していました。
普段材料や道具は、実際に手にとってからでないと、買えないタチなのですが、
これは買って大正解でした。

b0078313_11564425.jpg

フランスの「SAJOU(サジュー)」のベルサイユ。
私もこのハサミに魅せられた者のひとりです。
このハサミと麻布があれば、シアワセ~。

b0078313_1232185.jpg

刺繍用。アメリカ 「gingher(ギンガー)」社の刺繍バサミ。
デザイン、機能言うことなし。私の超お気に入り家宝第一級一生宝物的ハサミです。
シザーキーパーは Luxury Timesさん(とても素敵なサイトです!)のレシピを参考にさせていただきました。
b0078313_14332748.jpg

皮製のケースもカッコよしです。

b0078313_14473092.jpg

ウサギさんのハサミです。
我が家で一番新しいハサミ。去年友達が誕生日にプレゼントしてくれました。
お揃いのシザーキーパーをつけました。
b0078313_14504531.jpg
図案は「PETITS CADEAU BRODES」を参考にしにしました。

と、いうわけでハサミの話はおしまいです。
長々と最後まで見てくださって、ありがとうございました。
[PR]

by atelier_BP | 2006-05-26 15:15 | 道具