2006年 05月 20日
Toko先生の1DAYレッスン
b0078313_275291.jpg

Olivette(オリヴェット)さんで開催された、Living room cafeのToko先生の1DAYレッスンに参加してきました。

作品はイギリスの「ファロー&ボウル」の壁紙を使った、ブック型の箱です。
この壁紙は先生のお教室でも大人気で、先生ご自身もお気に入りの素材だそうです。
少し厚みもあり、パリッとした感じの素材で、折れ曲がる2箇所の部分の処理に苦労しました。

始めての素材で、しかも始めてToko先生にお会いした緊張で、作業が雑になってしまったのが心残りです。

でも先生はとても気さくに、手助けしながら教えてくださったので、なんとか時間内に完成することができました。中に合わせた麻のプリントも素敵で、家に戻ってから何回も蓋を開けたり閉めたりして、一人ニンマリしています。
b0078313_0274271.jpg


先生のブログで穴が開くほど見ていた「あの」お道具箱や、写真たて等を、実際に手にとって見させていただき、大感激でした。

しかも先生はcomfortable space 快適空間のkakoさんのブログを通じで、私のブログを見てくださっていたとのこと、
(…と、言うことは昨日のキットのブログも知っていらしたんだあ~)と思った途端、恥ずかしさで
背中にドッとヘンな汗をかいてしまいました~。またしてもkakoさんに感謝です♪

ご一緒させていただいた他の生徒さんの中にも、私のブログを見ていてくださった方がいて、
ブログといっても、自分では友人との近況報告感覚ぐらいにしか思っていなかったので、実際に始めてお会いした方に、見ています、とお聞きした瞬間には、嬉しさやら、恥ずかしさやらがこみ上げてきてしまいました。
しかもお一人の方のお住まいは、私の実家のすぐ近所…すでにどこかでお会いしていたかも!

でも、自分のこんな未熟な作品でも、見てくださる方がいることを実感できて、とても嬉しく思いました。これからも頑張ります♪

最後にいただいたオリヴェットさんのお茶とお菓子もとても美味しくて、素敵なお店での素敵なレッスン、初めての方との出会いもあり、なんだかとても幸せな一日でした。

追伸
やっぱり写真が「モアレ」ってますね~。
自分の顔もだいぶ「モアレ現象」してきてるから仕方ないか。
[PR]

by atelier_BP | 2006-05-20 00:22 | カルトナージュ


<< ハサミの話      お花のためのシンプルな箱 >>