2006年 05月 17日
お花のためのシンプルな箱
b0078313_20302211.jpg

無地のとてもシンプルな箱です。
これは、私がお世話になっている、プリザーブドフラワーのアレンジ教室「Fleur Blanche(フルールブランシュ)」さんからオーダーしていただいた箱の試作品です。

この箱は、お教室で生徒さんが使われるハサミ入れになります。
ハサミのサイズをうかがい、一度に5本くらい入る深さにしました。
このプラム色はFleur Blancheさんお気に入りの色です。

b0078313_2034040.jpg

これは随分前に教えていただいた、シナモンボックス。私のお気に入りです。
Fleur Blancheさんのアレンジは、お洒落でそれはそれは素敵です。
実はFleur Blancheさんに出会うまでは、私はプリザーブドフラワーについてはあまりいいイメージを持っていませんでした。
街で見かけるアレンジは、ドギツイ色の組み合わせだったり、カーネーションでプードルの顔を作ってしまった(アレはかなりなショーゲキでした)、なんともいえない世界のものかと。その割りにはいいお値段…
だから、やっぱりお花は生でしょう、と決めていました。

でも、彼女のアレンジに出会ってからは、そのイメージが一変しました。
花選び、色使いが本当に上手で、その作品は一見生花と見間違える程のみずみずしさに溢れているんです。

お教室は彼女の自宅リビングなのですが、アンティークの家具を中心に、アイボリー系のトーンで統一された、素敵なお部屋なんだなあ~コレが。

私の生活の中で、Fleur Blancheさんにアレンジを習いに行くことが、とても大きな楽しみのひとつです。

今後は、レッスンにカルトナージュも取り入れていかれる予定で、私がそのお手伝いをさせていだだくことになりました。Fleur Blancheさんご自身も今カルトナージュを勉強中で、私の箱が彼女のアレンジでどのように生まれ変わっていくのかが、とても楽しみです。

b0078313_11552791.jpgFleur Blancheさんのブログ→こちらから

Fleur Blancheさんのホームページ→
こちらから
[PR]

by atelier_BP | 2006-05-17 12:30 | プリザーブドフラワー


<< Toko先生の1DAYレッスン      製本のワークショップ >>