「ほっ」と。キャンペーン
2006年 05月 14日
製本のワークショップ
b0078313_1325408.jpg
昨日は横浜ランドマークで開催された、神田の製本工房美篶堂さんの一日ワークショップに参加してきました。

カリグラフィーを習っていた時、好きな紙を製本して、カリグラフィーで文字入れされた作品を見て以来、一度製本を習ってみたいと思っていました。

これは「角背上製本」という手法の、A5サイズのスケッチブックです。

b0078313_13264449.jpg
作業はカルトナージュと似ているのかと思いきや、角の処理の仕方などは似ていましたが、細かい工程が続き、緊張の連続でした。
でも、先生がとても丁寧に教えてくださり、完成した時には「かっちょいい~」と自画自賛。

日頃、何の気なしに手にしていた本ですが、本の用途やページ数によって色々な製本の手法があり、沢山の工程を経て完成していることを知って、これからは本を見る目が変わりそうです。

b0078313_1328301.jpg
それから、先日kinokaさんからご質問いただいた、ミニ糸巻きのお話。
これは渋谷のNHKの近くにある「Au Temps Jadis mercerie(オタンジャディスメルスリー)」で、見つけました。たしかこれに先日の水色の糸巻きを加えて、一袋で700円くらいだったと思います。実寸で1センチ弱の長さで、本当に小さな糸巻きです。

HPの写真の通り、お店ははフランスの田舎のお家のような雰囲気です。ディスプレーも素敵で、創作意欲をわかせてくれます。

店内には刺繍用品やボタン、リボン、ブレード、タッセル等ハンドメイドには欠かせない魅惑の品々が美しく並べられています。
特にボタン類は充実していて、中でもシェルボタンのデザインがとても可愛くて、鼻血モノです。

余談ですが、このお店の下に併設されているカフェの「そば粉のガレット」もとにかくオススメです♪
[PR]

by atelier_BP | 2006-05-14 13:54 | ハンドメイド


<< お花のためのシンプルな箱      道具スタンド >>